TEPPEN

【TEPPEN攻略】どんなリュウデッキにもおすすめのコモン・レアカード5選!【無課金向け】

こんにちは!じゃろげです。

この記事では特に無課金の方に向けておすすめの赤属性カードをご紹介します!

コモン・レアに絞って取り上げるので、「強いデッキを調べても結局エピックとかレジェンダリーなんて揃ってないから組めないよ…」という方、必見です!

また、コンボ前提ではなく単体で使いやすいカードを選んだので、リュウデッキを組みたいという方はまず参考にしてみてください!

不意打ち

レアリティレア
タイプアクション
MP2
カード効果<アーツチャージ1>
敵ヒーローに2ダメージ

万能カード「不意打ち」です。

僕は最初の頃、2コスト使って2ダメージ?だったらユニット出してフィールド固めた方が強くない?と思っていました。

しかし、このカードの真骨頂はアクティブレスポンス中にあります。

アクティブレスポンス中はAMPと呼ばれるアクティブレスポンス中だけ使える追加のMPが2付与されるので、その時に使えば実質MP消費無しでこのカードを使うことができます!

ヒーローにダメージを与える効果なので、使うタイミングを選ばないというのが強みです。

また、アーツチャージ1がついているので、アクティブレスポンス中に使えば実質MP消費無しで合計3のAPをためることができることになります。

相手がアクションカードを使ってアクティブレスポンスが始まった時、他に発動するカードがなければこのカードを使っておけば損はありません。

ヘッドショット

レアリティコモン
タイプアクション
MP3
カード効果<アーツチャージ2>
敵ヒーローに3ダメージ

こちらの「ヘッドショット」も「不意打ち」と同様の使い方ができます。

「ヘッドショット」の場合は3コストなのでアクティブレスポンス中であっても1コスト消費することにはなりますが、代わりにアーツチャージが2ついているので、実質1コストで5APを溜められることになります。

最後の削りとしても十分機能するため、こちらも入れておいて損はありません。

アクセル

レアリティコア
タイプユニット
MP3
攻撃力2
体力4
カード効果プレイ時:正面のユニットに1ダメージ

赤属性にはプレイ時に相手ユニットにダメージを与える効果を持つユニットが多くいますが、アクセルはその中でも一番小回りが利くユニットです。

たった1ダメージですが、体力1だけ残して生きながらえているユニットというのは意外と多いものです。

あと使う場面として多いのは、体力3の相手をプレイ時の1ダメージ+1発反撃で処理する時です。

いずれにしても使い道には困らない優秀なユニットです。

シャイニング・タイガード

レアリティレア
タイプユニット
MP3
攻撃力1
体力10
カード効果敵ヒーローにダメージを与えた時:全ての敵ユニットに1ダメージ

3コストながら体力がとても高いです。

攻撃力は低いですが、無視すると効果が発動してしまうので相手にとっては厄介なユニットです。

また、他のカードの効果で攻撃力をあげると一気に戦闘に強くなりますし、ヒーローアーツの電刃練気やレオン・S・ケネディ(CORE)の効果で効果のダメージを増やすと一気に凶悪なカードに化けます。

単体でも弱点なくいつでも出せる使いやすさが魅力ですが、他のカードとのコンボにも使える奥の深いカードです。

ラギアクルス

レアリティレア
タイプユニット
MP4
攻撃力2
体力5
カード効果プレイ時:敵ユニットに3ダメージを振り分ける

アクセル同様にプレイ時に敵ユニットにダメージを与える効果ですが、ラギアクルスは正面のユニットではなく敵ユニットにランダムにダメージを振り分ける効果です。

敵ユニットが1体であれば確実にそのユニットに3ダメージを与えるので、非常に強力です。

敵ユニットが複数の場合は、1と2や、1と1と1などランダムに分散されます。

ただし、他のダメージを振り分ける効果もそうですが、必ずしもダメージは効率よく割り振られるわけではありませんので注意が必要です。

例えば相手フィールドに体力1のユニットと体力2のユニットがいたときに、体力1のユニットに2ダメージ、体力2のユニットに1ダメージを与えてしまう場合もあります。

運に左右されてしまう面があるので、可能な限り相手ユニットが1体の時に使ったほうが確実なリターンが得られますが、いずれにしても4コストで3ダメージを与えつつ2/5のユニットが召喚できるのはかなりお得なカードです。

 

いかがだったでしょうか。

もちろん他にも強力なカードはたくさんありますが、使いやすさという意味では困ったらこの5枚を入れておけば間違いないと思います。

参考になれば幸いです!

ではまたっ