レジェンド・オブ・ルーンテラ

【ルーンテラ】コリーナコントロール(コリコン)のデッキ紹介【レジェンド・オブ・ルーンテラ】

こんにちは!じゃろげです。

この記事では「レジェンド・オブ・ルーンテラ」のコリーナコントロール(通称 コリコン)について紹介していきます。

バーンアグロに並んで最もよく名前を聞くデッキと言っても差し支えないと思います。

しかし、「デッキ名は知ってるけど結局どんなデッキなのかよくわからん!」って人もいると思うので、ざっくりとわかりやすく解説していきます〜

バーンアグロについてはこちら↓

【ルーンテラ】無課金におすすめの格安バーンアグロ全カード解説!【レジェンド・オブ・ルーンテラ】こんにちは!じゃろげです。 この記事では「レジェンド・オブ・ルーンテラ」の格安バーンアグロと呼ばれるデッキを紹介します。 後...

【ルーンテラ】コリーナコントロールってどんなデッキ?

デッキコード

CEBQCAQEBABACBA3GQDACBI5EEUDENJWAMAQEBAGAEAQIMAEAECQCGJRHAAQCAIED4

スペルがたくさん入ったコントロールデッキ!

コリーナコントロールはとにかくスペルの枚数が多いです。

デッキ40枚のうち25枚〜27枚ほどはスペルという構成が多いです。

なぜスペルが多いのか?というと、デッキの名前にもなっている<コリーナ・ヴェラザ>の効果を最大限生かすためです。

コリーナ・ヴェラザの画像

<コリーナ・ヴェラザ>が召喚時に与えるダメージはデッキの上から5枚に入っているスペルの枚数で決まります。その枚数分のダメージを敵全体に与えるので、スペルの比率がとても重要なのがわかりますね。

5ダメージはなかなか出せないかもしれませんが、敵全体に3〜4ダメージ与えることができればそれだけで敵が壊滅寸前になるのは想像に難くありませんよね!

序盤は豊富な除去スペルで相手の動きを制限し、終盤に<コリーナ・ヴェラザ>や<司令官レドロス>(召喚時に相手のネクサスを半減させる)で盤面を支配し、<残虐>でトドメを刺す、そんなデッキです。

司令官レドロスの画像 残虐の画像

序盤〜中盤は蜘蛛デッキとしても動ける!

コリーナコントロールにはチャンピオンとして蜘蛛デッキでお馴染みの<エリス>が採用されることが多いです。

それはなぜでしょうか?

エリスの画像

いくら<コリーナ・ヴェラザ>が強くても、普通のスペルがデッキの6〜7割を占めていたらさすがに盤面が作れずに押し切られてしまいます。

そこで役に立つのが、スペルでありながらユニットを展開できる<おぞましき饗宴>や<幼体の目覚め>です。

おぞましき饗宴の画像 幼体の目覚めの画像

これらはスペルなので、<コリーナ・ヴェラザ>の効果を邪魔することなくユニットを展開できます。

そしてこの2枚はいずれも子蜘蛛を召喚する効果なので、<エリス>と相性がいいというわけですね。

さらに、数少ないユニット枠として<狂乱の蟲>が採用されることも多いです。

狂乱の蟲の画像

コントロールデッキでありながら上手いこと蜘蛛が並んで<狂乱の蟲>や<幼体の目覚め>で強化されると、そのまま中盤で押し切れることもあるほどのパワーも持っています。

アグロに対して圧倒的な強さ

コリーナコントロールはとにかく除去スペルが豊富です。

中でも<蝕む嘆き>や<スタティックショック>のように複数の敵に1ダメージを与えるスペルが多いので、体力1のユニットが多いアグロ系のデッキに無類の強さを誇ります。

蝕む嘆きの画像 スタティックショックの画像

<蝕む嘆き>はさらにアグロの嫌いな回復効果も付いているので、コリーナコントロール側はとにかく耐えて耐えてアグロが息切れするのを待っていればだいたい勝てます。

特に、使用率がとても高い格安バーンアグロに対して有利を取れるのがコリーナコントロールの一番の強みと言えるかもしれません。

中型ユニットを複数並べられるのは苦手

一方で、体力3〜5ぐらいの中型ユニットを複数並べられるとスペルでの除去が追いつかずに押し切られてしまいがちです。

高コストのユニット1体であれば<サーモジェニックビーム>で除去できますが、そこそこのステータスのユニットをそこそこの数出されるというのが一番つらいです。泣

サーモジェニックビームの画像

<コリーナ・ヴェラザ>を召喚できれば逆転できる可能性もありますが、その前に相手の盤面が完成してしまうとなかなか厳しいですね。。。

デマーシアなどの高ステータスユニットの展開に長けるデッキには弱いと言えます。

まとめ

コリーナコントロールはスペルによる豊富な除去と、<コリーナ・ヴェラザ><司令官レドロス>による終盤の火力で安定した強さを発揮できる強力なデッキです。

一方でデマーシアなどの優秀なステータスのユニットを複数並べられるデッキには弱いです。

プレイの選択肢が多いため若干玄人向けのデッキですが、文字通り相手を「コントロール」して勝ちたい意地悪な人にはおすすめです。笑

僕もコリーナコントロールは使っていて楽しいので好きです。

以上、コリーナコントロールの紹介でした!

参考になれば嬉しいです。

RELATED POST