一人暮らし

跳ね上げ式ベッドの収納力がエグい!おすすめはニトリのセシルシリーズ!

こんにちは!じゃろげ(@jarogeblog)です。

今日は跳ね上げ式ベッドについて紹介していきます。
多少値は張りますが、それ以上の価値があると思います!

跳ね上げ式ベッドって?

跳ね上げ式ベッドって何?という方もいると思います。

いわゆる収納付きベッドの一つですが、引き出しではなく天板を持ち上げて開くのが特徴です。

サイドから開くタイプと足元から開くタイプがあります

とてつもない収納力

跳ね上げ式ベッドの特徴は、とにかく収納力の高さです!

引き出しタイプだと、引き出しの奥行きはベッド幅の半分ぐらいしかありません。
(逆にベッド幅ギリギリまで奥行きがあったら全部引き出すのが大変ですよね笑)

その点跳ね上げ式の場合は、ベッド全体が収納になっているので、単純に考えて2倍の収納力があることになります!

実際、買って使ってみてびっくりしました。普段使わないものは適当にどんどん放り込んでますが、スペースが足りなくなる気配がない笑

工夫して入れなくても余裕で収まってしまうので、中が散らかってしまって困ってるぐらいです笑

ざっとどれぐらい物が入るのか測ってみましたが、漫画の単行本が1,500冊は入ります。

………分かりにくいですね笑

とにかく収納力を求めているのであれば跳ね上げ式で間違いなしです!

狭い部屋でも大丈夫

跳ね上げ式の場合、上に開くことになるので、ベッドを置けるスペースさえあればいいというのも利点の一つです。

引き出し式の場合だと、引き出しを引き出せるだけのスペースが必要になるので、間取りによっては使いにくくなってしまいます。

狭い部屋でも置きやすく、部屋が狭いと不足しがちな収納スペースを補ってくれる、というわけですね!

出し入れも簡単

跳ね上げ式ベッドはたいていの場合ガス圧式という仕組みになっているので、マットレスを乗せたままでも簡単に開閉できます。

というか、組み立てしてくれたお兄さんに「マットレスを乗せておかないとすごい勢いで開いて危険なので必ずマットレスを乗せた状態で使ってくださいね」って言われたぐらいです笑

開く力をマットレスで抑えてるぐらいなので、そりゃ開けるのは楽々ですよね。

あ、開け閉めしないときはロックがかけられるので、寝てる最中に開いたりしないので安心してくださいね笑

ま、とは言っても毎日使うようなものを入れるとさすがに出し入れが面倒臭いです。滅多に使わないものや週1ぐらいで使うものを入れるのに使うといいでしょう!

おすすめの跳ね上げ式ベッド

僕が使っているのはニトリのセシルシリーズです。

もちろんニトリ以外にもいろいろありますし、ニトリって品質的にどうなの?とも思いましたが、結果的には今のところ全く問題ありません。

跳ね上げ式ベッドは基本的にある程度値が張りますが、ある程度安く抑えられたのでよかったです。

セシルシリーズの中でも僕が実際に使っているのは深型収納・たてオープン・フラットタイプのシングルサイズです。

シングルフレーム(セシルF NA OP300 タテ) ニトリ 【配送員設置】 【5年保証】

深型収納・・・浅型と深型の2種類あり、ベッドの高さが違います。当然深型のほうがたくさん収納できるので、僕は迷わずこちらにしました。ただし、浅型より5,000円高くなります。

たてオープン・・・ベッドの足元側から開くか、サイドから開くかによってたてオープンとよこオープンがあります。これは部屋の間取りに合わせて選ぶと良いと思います。

フラットタイプ・・・シンプルなヘッドボードがついているタイプです。他にも照明やコンセントが付いているタイプ、ヘッドボードがないタイプがあります。ヘッドボードは欲しかったですが照明とかがごちゃごちゃ付いているやつはベッドの長さが長くなってしまうのでフラットタイプにしました。

シングルサイズ・・・これは言わずもがな、ベッドのサイズですね。スペースが許せばセミダブルにするのもありだったんですが狭い部屋なので無理でした泣



以上です!
収納に困っている方にはおすすめなので、検討してみてください〜

ではまたっ