ゲーム

子どもの頃のゲームの思い出〜ゲームボーイカラー編〜

こんにちは!じゃろげです。

みなさんの初めて遊んだゲームってなんですか?

僕は小学1年生の時に買ってもらったポケモン金です。

何回もはじめからにして遊んだけど、最初のポケモンはヒノアラシしか選んだことありませんでした笑

アカネのミルタンク強かったなあ…

いやー懐かしい。こうやって思い出してるだけで楽しくなってくる!!

というわけで今回は、子どもの頃に持ってたゲームボーイカラーのソフトについて語る回です!

自分で持ってたソフトに限るので、友達から借りたのとかはなしということにします。

残念ながらそんなにほいほいソフトを買ってもらえる家じゃなかったので、数は少ないです。代わりにめちゃくちゃやり込んでましたね〜。飽きたらすぐ積んじゃう今の自分が恥ずかしい…

というわけでいきまーす

ポケットモンスター金

https://amzn.to/2O089a2

はい、冒頭でも触れましたがこれが初めて買ってもらったゲームです。パッケージくそ懐かしいな…

取扱説明書をぼろぼろになるまで読んでいた記憶があります。その時間でプレイしろよ!って話なんですが、我が家では寝る前はゲームしちゃいけない決まりだったので(小学校低学年の頃)代わりに取扱説明書を見て気持ちを高めていました笑

ダイエット中だからラーメンの匂いだけ楽しむみたいな感じ(?)

僕は基本的に炎タイプが好きなので初期ポケモンは絶対ヒノアラシだったんですが、金版なので手に入る伝説のポケモンも炎タイプのホウオウなんですよね笑

オーダイル使ってくるライバルが嫌いで嫌いでしょうがなかった!

ちなみに兄貴が銀版を持っていて、絶対ワニノコを選ぶタイプだったので大嫌いでした笑

僕はパーティを満遍なく育てるのが苦手でバクフーンばっかりひたすら強くなっちゃうタイプだったので、相性悪い相手は余計に辛かったですね〜

今でもたまにやりたくなります。

というかやろうかな!3DSあるし!

ドラゴンクエストモンスターズ2 マルタのふしぎな鍵 ルカの旅立ち

https://amzn.to/30FltSO

これはめちゃくちゃやり込みました。

兄がテリーのワンダーランド、弟がイルの冒険を持っていて兄弟3人でドラクエモンスターズに大ハマりしてましたね。

今でもドラクエといえばモンスターズ!っていうぐらい大好きです。もちろんリメイク版もやりました。

https://amzn.to/2NX6p13

配合っていうシステムがほんとに素晴らしいと思っていて、普通RPGのレベル上げってだんだんと必要経験値が多くなっていくのでレベルが上がれば上がるほど苦行になっていくじゃないですか。

でも配合すればレベル1に戻るのでまたサクサクレベルが上がるようになって、しかもモンスターはどんどん強化されていくので俺TUEEE感も味わえるという、革命的なシステムだと思っています笑

配合したばかりのレベル1のモンスターに上手いことはぐれメタルなんかの経験値を吸わせられると、一気に30レベぐらいまで上がって気持ちいいですよね〜〜〜!!

このゲームは中学生ぐらいになってもちょこちょこ自分の中でブームが来てやっていた気がします。

当時親のパソコンで攻略サイトを調べまくって配合の手順を全部紙に書き出してやっとの思いでオルゴ・デミーラⅡを完成させた時は感動しました…

結局図鑑を全て埋めることはできなかったけど、惜しいところまで行ったような覚えがあります。

(今調べたら当時よく見てた攻略サイトがまだ残っていて別の意味で感動。→ドラクエっと!

ロックマンX2 ソウルイレイザー

https://amzn.to/2xQ9uFt

ロックマンXの番外編的作品。当時はそんなこと知らないし、そもそもなんでこれを買ったのかまったくわかりません。親が勝手に選んできてくれたのかな…?

ともあれ、これもかなりやり込みました。

メインシナリオも何周もしましたが、一番やったのはクリア後に出てくるボスラッシュですね。

このゲームのせいでタイムアタックやスコアアタックが好きになったといっても過言ではありません笑

なにやら今調べてみるとバグが多かったようです。そう言われてみればいろいろあった気がする…

でも子どもの頃はそんなことでクソゲーとか思うことはまったくなかったですね。無邪気って素晴らしい…

ラスボスのシグマの笑い方がとても印象に残っています。フフフ…ハーッハッハッハ!

BGMも大好きでした。今でも頭の中に蘇ります。

テトリスDX

https://amzn.to/30Cs688

これは発売日でいうと一番最初にくると思うのですが、プレイした順番でいうと最後になります。

なぜかというと、このソフトは親が隠していたから。

うちの母親は昔からテトリスが好きだったらしく(ゲーセン世代)、どうしても家庭用ゲームでやりたくてソフトを買ったんだそうです。

そして、息子たちが学校に行っている間にこっそり息子のゲームボーイカラーを使ってプレイしていたと笑

それを小学校4年生ぐらいのとき?にカミングアウトされて、そこから僕はテトリスにのめりこみました。

さっきからどのソフトもやりこんだやりこんだと言っていて大変薄っぺらい感じがするかもしれませんが、プレイ時間でいえばこのソフトが一番やり込みましたねー

特に40LINESというどれだけ素早く40ライン消せるかを競うモードを死ぬほどやっていました。これもロックマンで培われたタイムアタックへの執着のおかげですね笑

おかげで友達の中では今の今までテトリスで負けたことありません。笑

まとめ

やっぱり小さい時は遊べるソフトが限られていたので、1つ1つのソフトを本当に熱心に遊んでいたなあという印象です。だからこそこれだけ思い出を語ることができるし、ゲームの内容もありありと思い出せるんだろうなあと。

この気持ちはゲーマーとして忘れてはならないことのような気がします。こうして思い出を書くことで、昔の気持ちを思い出せたような気がします。もっと1つ1つのゲームに本気で向き合って、本気で楽しむことを忘れずに行こうと思います!!!

なんか真面目な締めになってしまいましたが笑、書いていて楽しかったのでまた他のハードのソフトについても思い出を語る記事を書こうと思います!

ではまたっ

RELATED POST